東京での永代供養墓について

main-img

永代供養墓とは、子孫がお墓の維持管理をする必要がなく、寺院や霊園が永代にわたって管理供養するお墓のことです。

少子高齢化に伴い、この形式のお墓の人気は年々上がっています。永代供養墓は継承者がいない、宗教宗派などにとらわれたくない、代々のお墓が遠方、子や孫にお墓の維持管理の負担をかけたくない、費用を浮かせたいなどの希望が叶う、現代の風潮に合ったお墓です。



この形式のお墓は合同碑で他の方と一緒に埋葬されることが多く、その点からも費用がぐんと安く済むのです。
お墓の維持管理はなかなか大変なものがあります。

墓石や敷地内の掃除、お盆やお彼岸のお墓参り、寺院や霊園側とのお付き合いなど多岐にわたることが多いです。


その負担がないことは、子孫にとっても気持ちも軽くなり、また、好きな時に自由にお墓参りに行ける気軽さも人気の理由です。

埼玉の永代供養情報が様々な条件で検索可能です。

特に東京の永代供養墓は近年とても人気です。


自分が仕事や居住していた場所に近く、交通の便が良いことも大きな理由で、そのニーズの多さから、東京都内の寺院や霊園側も永代供養墓を拡大したり、新たに作ることも増えました。

また、室内に設置したロッカー式タイプのものもあり、その清潔感からもとても人気があるタイプです。様式も様々なので、自分の希望する、また家族の希望なども取り入れて選ぶことができます。
このように、立地の良さや手間が省ける良さ、費用面での負担軽減などを考慮して、東京の永代供養墓は今後益々の人気が上がると予想されています。

信頼性の高いminp!情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

基本知識

subpage1

東京都は、1950年代から始まった人口集中に起因する地価高騰により、慢性的な墓地不足や墓地価格の高騰が生じている上に、バブル経済期の崩壊以来続いている経済不況の影響で高額な墓石の購入の伴う墓地の購入や葬式仏教と蔑まれている寺院に不当に高額な費用を搾取される墓制の維持を諦める人が多く、散骨や樹木葬などの自然葬が急増しています。東京都の自然葬は、第一次葬の火葬を終えた遺骨を葬送する第二次葬としての墳墓埋葬が、海洋や山野に粉骨した遺骨の散骨と高額な墓石の代わりに樹木を植樹する樹木葬に変わる形で行われています。...

more

社会の補足説明

subpage2

東京の海で妻の自然葬をすると、記憶に残る、地域の人が話を聞きに来るなどの長所が期待できます。東京で海に妻の遺骨を撒いた時のことは、いつまでも記憶に残り続けます。...

more

納得の事実

subpage3

東京にお住まいの方も大勢いて、全国で最も人口の多い都市圏になるので、新しい生活を送る方、逆に余生を過ごしている方も存在しています。高齢化が進む一方で、子供の数が減っていることも事実になり、東京エリアで生活を送っている方の中には、将来的にお亡くなりになってしまった場合の対処法を生前に考える方が増えていることも事実です。...

more

予備知識

subpage4

東京では自分のお墓を持つことがとても困難です。先祖代々のお墓を所有しててそこのお墓に入ることが決まっているのであれば良いですが、自分のお墓というのがない人であれば新たに自分専用のお墓を持つことを考えなければならないものです。...

more