東京の樹木葬を考える

東京では自分のお墓を持つことがとても困難です。


先祖代々のお墓を所有しててそこのお墓に入ることが決まっているのであれば良いですが、自分のお墓というのがない人であれば新たに自分専用のお墓を持つことを考えなければならないものです。

ですが東京ではよほどお金に余裕がないと、自分のお墓用の土地を買ってお墓を立てるというのは難しいでしょう。
ですから人気が出てきているのが樹木葬です。
自分の遺骨がある土地に木を植えて、その木をお墓代わりにしていこうというものです。


周りも同じような環境であれば木が育つことによって緑豊かな墓地になりますし、大きな木になることによって森林のようにもなるでしょう。緑が少ない東京にも良いですし、自分の遺骨がある場所が森になっていくというのも良いでしょう。



ですが樹木葬も、自分の遺骨がある場所がどこなのか、確実にわかる場所にしておくことが必要です。

周りも樹木葬になっているようであれば、大きな木になってしまうことによって場所がわかりにくくもなってしまうものです。
家族がいない人や自分一人で埋葬されるのであれば良いですが、お墓参りをしたい家族がいるような時は、残された家族がわかりやすいような場所に木を植えるようにもしましょう。

千葉の永代供養に関するアドバイスです。

また、大きく広がるような木であれば成長の過程で周囲のお墓に迷惑がかからないようにするために広がりすぎた葉を切ったりするなどすることが大事です。

マイナビニュースの情報を提供しているサイトです。

管理もできるような木を選ぶと良いです。