自然葬を希望する東京都都民

東京都は、1950年代から始まった人口集中に起因する地価高騰により、慢性的な墓地不足や墓地価格の高騰が生じている上に、バブル経済期の崩壊以来続いている経済不況の影響で高額な墓石の購入の伴う墓地の購入や葬式仏教と蔑まれている寺院に不当に高額な費用を搾取される墓制の維持を諦める人が多く、散骨や樹木葬などの自然葬が急増しています。

東京都の自然葬は、第一次葬の火葬を終えた遺骨を葬送する第二次葬としての墳墓埋葬が、海洋や山野に粉骨した遺骨の散骨と高額な墓石の代わりに樹木を植樹する樹木葬に変わる形で行われています。

その為、昭和23年に制定された墓地、埋葬に関する法律や死体遺棄罪の刑法190法、墳墓発掘死体損壊罪の刑法191条、感染症法には抵触しないとされ、自然葬が東京都に限らず日本全国で行われています。
しかし、墓地、埋葬等に関する法律の第4条には墓地や供養塔など以外への遺骨の葬送は禁止する趣旨が記載されているので自然葬は違法とも考えられますが、現在は葬送目的で個人が節度を持って行えば問題が無いとする法律上グレーな状態です。



背景には、内閣及び国会、裁判所の3権が法整備を行う動きも無く、地方自治体レベルの対応で済ましている為に地域によって散骨出来ない地域があったり、樹木葬用の用地取得が難航したりと弊害が出ており、自然葬を希望する人達の障害となる事もあります。

47NEWS情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

その為、散骨を希望する東京都都民は規制の少ない沖縄の海や海外の海で散骨するケースが増えています。

永代供養墓情報探しのヒントをお教え致します。