東京の海で妻の自然葬をする長所と短所

東京の海で妻の自然葬をすると、記憶に残る、地域の人が話を聞きに来るなどの長所が期待できます。



東京で海に妻の遺骨を撒いた時のことは、いつまでも記憶に残り続けます。寂しさと悲しさが残っている場合は、位牌に向かって拝むと自然と気持ちが楽になります。

毎朝位牌へお線香をあげれば妻も喜んでくれると思われます。


また、近所の人に自然葬に関することを話せば、次第にその話が周辺に広がっていきます。

地域の人との交流が増加すると想定されるので、押しかけてきた時のため、お茶菓子などを用意しておくと便利です。
近所の人が家に来たときにお茶菓子を出せば、一緒に食べながら、色々な話をすることが可能です。


妻のことを思い出すとすぐに涙が出る時は、近所の人にそれを話せば、親身になって相談に乗ってくれます。
人に話をすると気分がすっきりするので、徐々に涙は出なくなります。
短所は東京で自然葬をできる業者の場所がわからない、妻の親族が納得しないなどです。東京で業者を探す場合は、ネットで調べるとすぐに出てきます。

自然葬をしてくれる業者は、どこを選んでも内容や費用に変化は見られないので安心して依頼していいです。

2ちゃんねるについて考察してみましょう。

営業している場所へ行くのが難しい場合は、業者にお願いすればバスを手配してくれます。
また、妻の親族が自然葬をしたくないと言う時は、遺骨の半分をお墓に納めますと言えば納得するはずです。

樹木葬に関する情報が閲覧できます。

その時は、親族に妻の位牌や写真も手渡すと喜ばれます。